鑑定内容の紹介

  • HOME
  • » 鑑定内容の紹介

姓名判断における名前の構成

 名前の構成

名前の構成の解説

  • 「北海道」は姓であり、祖先から引き継いでいくものですので変えられません。姓名判断上は「天格」といいます。
  • 「札幌子」は名であり、親が子供の名前を付けることが出来るものです。姓名判断上は「地格」といいます。
  • 「地格」は姓名判断上はおよそ27歳までの人生を概観しますので、画数のみの問題ではそのまま使います。
  • 「天数」とは姓の一番上の文字です。ここは「地数」との関係が重要です。
  • 「地数」とは名の一番上の文字です。名付では一番大切になります。
  • 「底数」とは名の一番下の文字です。
  • 「人格」とは姓の一番下と名の一番上の文字を繋ぐものです。28歳以降の中年期の人間関係を判断します。
  • 「総格数」は姓名の画数の合計数です。人生の総体を概観します。
  • 「五行」とは九星気学から判断される文字の音から来るエネルギーです。
    文字にはその性質から「木・火・土・金・水」の性質を持ってます。そのバランスを見ます。
    音で読んだ場合木性は「カ行」、火性は「タ・ナ・ラ行」、土性は「ア・ヤ・ワ行」金姓は「サ行」水性は「ハ・マ行」です。
  • 「陰陽」とは、文字の画数で奇数を「陽」偶数を「陰」として、そのバランスを見ます。
  • 「画数」とは、文字の書き順から数字で表したものです。数字の持つ性質から吉数・凶数を表します。

判断基準は「三大原則」と「五大真理」

三大原則とは

  1. 「字音」が良いか。運気は音で立ってきます。だから呼ばれる時の音の響きが大切です。
    呼び名が、悪いことを連想させる名前は、そのような人生になるということです。
    例えば「仁」をヒトシと呼べば「人の死」を連想させます。
  2. 「字形」が良いか。漢字は生活の中から生まれましたが、文字の成り立ちから不幸を連想させるものがあります。
    例えば、「正」という文字は「一」と「止」に分解されます。「一」は壁で、行く先が「止」められてしまいます。
  3. 「字義」は良いか。字の持つ意味が大事ですWEBに文字を入力すると「名前に相応しくありません」とか  出てきますので、参照してください。そのほか統計的に良くないものも沢山あります。

五大真理とは

  1. 読み下し、②五行の配置、③陰陽の配列、④天地の配合、⑤画数のことで、上から順番に重要です。
     「読み下し」が30%、「五行の配置」が20%、「陰陽の配列」が20%、「天地の配合」が20%、  「画数」は10%に過ぎません。
  2. 「読み下」しとは、総体的人格。人生を概観します。次の通りのことです。
    1. 名前が一文字。
    2. 地数、人格、地格、総画が9画、19画
    3. 名前の一番上(地数)が五行でいう水性の文字
    4. 幸福すぎる
    5. 尊貴に過ぎる
    6. 品格を損なう
    7. 動物、植物、鉱物(人生の変化が多すぎる)
    8. 気候、気象(人生の変化が多すぎる)
    9. 十干、十二支(人生の変化が多すぎる)
    10. 軽蔑を受けやすいもの
    11. 男女の性別が判然としないもの
    12. 姓名に同一文字や同一音がある。(WEBでは判定できません)
    13. ひらがな、カタカナ名前で濁音がある(余分なものが付く人生)
    14. ひらがな、カタカナ名前で「ん」がつく(孤独になる)
    15. 縦分離名
    16. 数字の文字(変化が大きい)
    17. 兄、弟が逆さま(WEBでは判定できません)
  3. 五行の配列
    木・火・土・金・水の配列のバランスと、組合せが悪いものがあります。
  4. 陰陽の配列
    奇数・偶数の配列のバランスですが、基本は姓名が陰陽交互に来るのが完全です。
  5. 天地の配合
    姓の一番上の数字(天数)と、名前の一番上の数字(地数)の組み合わせです。
    天地同数、天地衝突(3・5・9)の組み合わせ、天地総同数(天格と地格が同数)は凶名です。
  6. 画数
    画数はすべての文字に関係しますが、特に人格が大切です。総格が危険なものがあります。
    9、19、22、26、34、36、44、49画は命名では人格、総格に使いません。
Copyright © 希星館 開運姓名鑑定 All Rights Reserved.